2012年

5月

27日

Blender2.63向けPMXインポーターを公開しました

一通りの機能が完成したのでリリースします。

主な機能は以下のようになります。

スクリプトの仕様(2012/05/27 現在)

○頂点

・エッジは無視されます。

・SDEFはBDEF2として処理されます。

 

  特になし

 

○材質

・トゥーン/スフィアマップは無視されます。

・材質描画フラグは反映されません。


○ボーン

・ボーンフラグの一部は無視されます。

・移動・回転付与は反映されません。MMDと動作が異なる場合があります。

・IKの仕様が違うので、MMDと動作が異なる場合があります。

 

×モーフ(表情)

まだ未対応です。

 

×剛体、ジョイント

まだ未対応です。

インポートの設定画面はこのようになってます。

殆どの項目はPMDインポーターと同じもので、今回新たに「IK」の項目を追加しました。

これはIKの仕様の違いによるモーションやボーン構造の崩壊を防ぐものです。

 

もしモデルを読み込んでIKの挙動がおかしい場合はこのチェックを外すと、IKボーンを作成しなくなります。Blender側でIKを再設定することをオススメします。

ダウンロードはコチラから

 

 今回は合わせてPMDインポータも更新しています。

それとPMDエクスポーターですが、頂点ウェイトの設定に不具合が発覚したので近々修正版をリリースする予定です。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Bancho (日曜日, 27 5月 2012 20:44)

    公開お疲れ様です。

    早速インストールしてTda式ミクで試してみました。

    最初は足の部分がボーンに追随しなかったので「?」と思いましたが、ボーン未改造版だとちゃんと追随してくれて良かったです。

    さらなる完成度向上を期待しております。

  • #2

    ze10 (日曜日, 27 5月 2012 22:20)

    >>Bancho様

    動いた用で何よりです。

    Tda式ミクですが、実はコレがブログで書いた移動・回転付与の問題でして、両足の回転を付与ボーンで行ってるようです。

    Blenderに付与と同類の機能があれば実装可能なのですが、今のところ付与ボーンは無視して処理するようにしてます。

  • #3

    n (月曜日, 28 5月 2012 21:56)

    >付与ボーン
    当方LinuxなのでMMDに詳しくありませんが、
    Bone ConstraintのChild Ofでしょうか?
    Set InverseやInfluenceの調整もあります。

    もしかしたら拘束用ボーン追加して
    ボーンに拘束用ボーンへMake Parent→Keep Offsetする必要があるかもしれません。

    見当違いならすいません

  • #4

    ze10 (水曜日, 30 5月 2012 23:11)

    >>n様

    有益なを情報ありがとうございます。
    返信が遅れてしまい申し訳ないです。